アイフルの歴史とは?

アイフル株式会社は1967年にスタートし、その後1982年に関連3社を統合してアイフルになりました。

本社は京都になりますが全国規模で支店のネットワークを展開しているのです。

アイフルとは一般の人なら誰でも聞いたことのある消費者金融の名前になります。

テレビのコマーシャルでもやっていたりもして2012年にはCM好感度でランキング1位を獲得しています。

アイフルの社名の意味としては、愛情、努力、誠実、結束、活気のイニシャルを繋ぎ合せたものとなっています。

融資の最高金額は300万円になります。

年率は9?18%で消費者金融内では一般的な年率になります。

アイフルは審査時間がとても最短で数十分で即日の融資も可能ということになります。

審査内容の厳しさも基本的で普通の審査内容になります。

よっぽどブラックなどではない限りは審査を通過することができます。

独立係であることで親会社の意向に左右されることなく自由な経営や独自の審査基準を設けることができるというメリットなどもあるようです。

アイフルの子会社にはクレジットカードのライフカード株式会社や事業者向け金融のビシネクト株式会社などもあり、事業持株会社にもなっています。

アイフルはCMでも有名

アイフルはキャッシングローンの大手会社の1つといえると思います。

昔は有名なチワワ犬がCMに出ていましたが、今ではバナナマンさんが務めてみえますね。

アイフルのご利用が初めての方は最大30日間利息0円、急な出費でお困りの時は最短30分で審査が行われ、即日融資も可能だそうで便利です。

貸付利率は4.5~18.0%(実質年率)で、遅延損害金は20.0%(賠償額の元本に対する割合)となっているようです。

契約限度額はアイフル1社であれば50万を超えた時点、もしくは他社さんからの借り入れも含めた金額で100万を超えた場合は源泉徴収票などの収入を証明するものが必要ですが、最大500万までは借り入れが可能だそうです。

担保・連帯保証人も不要です。

アイフルさんのバックには高橋裕次郎法律事務所さんが構えていますので、返済が滞った場合こちらの法律事務所さんから「債券回収業務受任通知」や「請求書」が届くようになることもあります。

最終取引から5年経過すれば時効援用を使い借金をチャラにできるのですが、こちらの法律事務所さんはこの業界ではやり手のようで、時効援用が使えないようにあの手この手と使ってきますので厳しいという声があります。

借りたものは返すのがマナーですので、ご利用は計画的にしたいものですね。

アイフルでお金を借りるなら

お金を借りたいと思った時に多くの人はできるだけ安心できる所からお金を借りたいと考えます。

ですから、同じ消費者金融からお金を借りるにしてもできるだけ条件が良い所から借りる必要があります。

では、実際に条件が良い消費者金融というのはどういうのがあるかというと、 それはアイフルです。

ここが良いのはお金を借りた日から30日間は無利息でお金を借りる事ができる点です。

これがもし中小の消費者金融だ借りた日から30日間無利息でお金を借りるのは無理です。

ですから、これから初めて消費者金融を利用してお金を借りようと思っているならアイフルがおすすめです。

特にお金を借りてもすぐに全額返せる見込みがある時はアイフルのような大手の消費者金融からお金を借りた方が良いです。

そうすれば借りて30日以内に全額返済できる場合は元金だけ返済すれば良いのでとてもお得にお金を借りれます。

もちろん、それだけ条件が良い消費者金融大手のアイフルからお金を借りようと思った時は それなりに厳しい審査があります。

少なくとも中小の消費者金融からお金を借りる感覚でお金を借りれないので その点は分かった上で借り入れの申し込みをしないといけないです。

そのためには少なくとも軽い金融事故でも1件も起こしていない事が条件になります。